プロミスで今すぐ借りたい!審査時間は最短30分。今すぐネットからお申込み

プロミスの概要

プロミス

この”プロミス”という名称は実は社名ではなく、同社のキャッシングサービスのブランド名です。

 

これは例えると、衣料ブランドの”ユニクロ”と同じで、このブランドの社名はファーストリテイリングです。プロミスの社名は”SMBCコンシューマーファイナンス”で、その名前の通り、三井住友銀行やSMBC日興証券など同様に三井住友フィナンシャルグループの一員です。

 

プロミスは有人窓口のある店舗こそ全国に僅かしか存在しませんが、自動契約機の設置数は業界2位のアコムと共に1000を超えており、主に駅前や繁華街、国道沿いでは頻繁に見掛けることができます。そして、総融資金額ではそのアコムを大きく引き離して堂々の1位となっています。

 

現在ではパソコンやスマホによるネットからの申し込みと、自動契約機からの申し込みがほとんどになった為、大手の消費者金融各社では有人窓口を縮小している傾向があります。よって、有人店舗数こそプロミスより多い消費者金融もありますが、消費者金融としての規模は断然このプロミスがナンバー1です。

基本的な情報と便利な利用方法

プロミスは全国に店舗展開もしていますが主流は簡単で便利なネット申し込みです。

各店舗の営業時間

プロミス

ネットからの申し込みは24時間いつでも受け付けており、自動契約機も平日や休日を問わず、連日朝9時〜22時(一部を除く)の営業時間となっています。

 

また、有人店舗は平日の10時〜18時の営業時間で、土日や祝日は休みなので注意してください。

 

この営業時間内に申し込みを行い、その日のうちに審査に合格できれば、すぐにキャッシングを行うことができます。

ネットと自動契約機の連動

現在一番多くなっているネットを利用した申し込みでは、審査に合格した連絡を受けた後に自動契約機を利用することで、すぐに現金での借り入れを行うことができます。

 

ネットからの申し込みの場合、キャッシング用のカードは後日発送される為、急ぎの場合は自分の銀行口座まで振り込みで借り入れを受けることになります。ですが、銀行の営業していない日や時間帯の場合、この方法では実際に口座まで振り込みを受けられるのは銀行の翌営業日まで待つ必要があります。
そこで、ネットで審査に合格した後に自動契約機を利用して、その場でカードを発行するという手が使えます。

 

自動契約機は連日一部を除き22時まで営業しているので、この時間までに最寄りの自動契約機を利用してカードさえ発行してしまえば、最初から自動契約機を利用して申し込んだ場合と同じく、後はそのカードを使って、プロミスのATMや提携先のコンビニなどのATMからいつでもキャッシングを行えるようになります。

プロミス独自の主なサービス

初めて利用される方でも迷うこと無く利用できるようにサービスが充実しています。

30日間の無利息期間

プロミスでは新規の契約者に対して30日間無利息になるサービスを行っています。

このサービスはプロミスの利用が初めての人であれば誰でも利用することができますが、その為には2つ条件があり、1つはプロミスの会員情報にメールアドレスを登録すること、もう1つは利用明細をWEB明細に切り換えることです。

メードアドレスはネットから申し込みを行った人は特に気にしなくても構いませんが、他の方法で申し込みを行った場合は後から会員サイトから登録を行ってください。

 

利用明細については、同じく会員サイトから従来のATMからの印字や郵送による明細書ではなく、画面で確認するWEB明細に切り換えてください。

 

この2つの条件を満たした上で初回の借り入れを行うと、その日から30日間無利息になります。契約日から自動的に無利息期間になる為ではないので注意が必要になりますが、同様のサービスを提供している他社とは違い、好きなタイミングからこの無利息期間を利用できるというメリットがあります。

24時間いつでも口座まで振り込み

プロミスの審査に合格して会員となった後には、この24時間いつでも口座まで振り込みによる借り入れが行えるようになります。

 

このサービスは”瞬フリ”という名前で、会員サイトからいつでも利用することが可能です。その為には三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の口座が必要になり、この2つの銀行の口座であれば、曜日や営業時間に関係なく瞬時に口座まで借り入れが行えます。

 

口座まで借り入れを受ければ、キャッシング用のカードを使ってATMから現金を引き出すことができるので、これらの銀行の口座を持っていれば、実質的に24時間いつでも現金の借り入れが行えるということになります。プロミスを利用する場合、この2つの銀行のどちらかの口座を持っておいて損はありません。

僅かに金利が低いことも特徴です


消費者金融の金利は最高で年利18%のことがほとんどですが、このプロミスでは17.8%と僅かながら他社より低いことも特徴の1つです。

30万円を借りた場合、年利18%では1ヶ月で約4438円の金利が掛かりますが、17.8%では約4389円です。

この金額で約50円程度の差ですが、借り入れ金額がもっと多くなる場合や、長期の借り入れを行う場合にはこの差が結構馬鹿にできなくなります。

 

最高金利は主に100万円未満の借り入れ時に適用されるので、多くの場合でこの金利での借り入れになります。その為、僅かながらでもこの金利の差からプロミスを選択することを考えてもいいでしょう。

国内最大級の2社、プロミスとアコムを比較してみる

どちらも国内最高水準の利用者数とサービス内容です

プロミスと同等以上の知名度を誇るアコム。借り入れする時にどっちが良いのか悩むところでもありますね!

 

結論から言うと大きな差はないのが事実。

 

それは両社とも業界内でできる最高のサービスを行っているからなんです。

 

とは言ってもお金を借りるわけですから少しでも自分に合った方から借りるのがベスト!だと思います。

 

そこで国内トップクラスのカードローン、プロミスとアコムを徹底比較します。

プロミスとアコムの利用者数を比較

両社のIRデータより抜粋した2017年9月時点のデータです。

 

利用者数とは無担保ローンすべてを含み、後の2つは新規申込みに関するデータです。

 

利用者数

新規申込数

新規顧客数

プロミス

1,321,000

45,327

21,022

アコム

1,463,325

44,987

21,466

大きく変わりませんが規模ではアコムが若干上回るようです。

 

新規申込者数はプロミスのほうが多いですが新規顧客数でアコムが上回るということは申込者数に対して審査を通過した人の率が高いということですね。

 

プロミスは公表されていませんがアコムは延べ利用者数が1,000万人を超えているということで国内ではトップシェアと言っても過言ではありません。

プロミスとアコムの金利を比較

借り入れする時に気になるのが金利です。

プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%

金利についておさらいです。

 

金利は最高金利と最低金利がありますが、通常数十万円の融資のときはほぼ最高金利が適用されると思って間違いありません。

 

これは銀行カードローンでも同様で、数百万円レベルになると金利は下がってきます。(銀行カードローンで金利2%〜とかありますがほとんど可能性はありません)

 

根拠としては数百万円レベルで18%となると貸金業法に違反してしまいますし、利息額も現実的ではない金額になってしまうためです。ちなみに100万円の場合貸金業法による利息上限は15.0%なのです。

 

アコムでは以下のように貸付利率を公表しており、他社もほぼこれに準ずると考えても良いでしょう。

契約極度額

501万円〜
800万円

301万円〜
500万円

100万円〜
300万円

1万円〜
99万円

適用金利 3.0%〜4.7% 4.7%〜7.7% 7.7%〜15.0% 7.7%〜18.0%

ですから、ここでいう最低金利はあまりアテにならないのが正直なところです。

 

次にプロミスの17.8%とアコムの18.0%ではどのくらいの金額差があるかということです。

30万円を10回払いで返済した時の金利差

プロミスの場合

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 32,501 28,051 4,450 271,949
2 32,501 28,468 4,033 243,481
3 32,501 28,890 3,611 214,591
4 32,501 29,318 3,183 185,273
5 32,501 29,753 2,748 155,520
6 32,501 30,195 2,306 125,325
7 32,501 30,643 1,858 94,682
8 32,501 31,097 1,404 63,585
9 32,501 31,558 943 32,027
10 32,502 32,027 475 0
累計 325,011 300,000 25,011 0

アコムの場合

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 32,530 28,030 4,500 271,970
2 32,530 28,451 4,079 243,519
3 32,530 28,878 3,652 214,641
4 32,530 29,311 3,219 185,330
5 32,530 29,751 2,779 155,579
6 32,530 30,197 2,333 125,382
7 32,530 30,650 1,880 94,732
8 32,530 31,110 1,420 63,622
9 32,530 31,576 954 32,046
10 32,526 32,046 480 0
累計 325,296 300,000 25,296

プロミス、またはアコムで30万円借りて10回で返済する場合に最終的に支払う金利額は
プロミス:25,011円
アコム:25,296円
285円の差となりました。

 

さらにこれを月々の支払額に直すと29円の差です。この差をどう見るかは借り手の感覚ですが大きな差はありません。

 

借入額を変えた時の利息の最終的な合計金額は以下の通りです。

借入金額(返済回数)

プロミス

アコム

10万(10回)

8,334円

8,429円>

50万(20回)

81,489円

82,448円

尚、借入額が100万円を超えてくると貸金業法の兼ね合いにより上限金利が15%となってくるので、その際はプロミス、アコムとも法定利率以下でそれぞれの基準になります。

プロミスとアコムの無利息期間を比較

上手に活用すれば実質的な金利を圧倒的に下げられる金利0円期間。例えば期間中に全額返済してしまえば金利はなんと0円!半分返すだけでも金利が約半分(利率は変わりません)になるのと同じですから使わない手はありません。

 

どちらも30日間の金利が0円になるサービスですが条件に差があります。

前提条件

プロミス:初めての利用でメールアドレスを登録してWeb明細を利用する
アコム:初めての利用で返済期日「35日ごと」を選択する

 

アコムの「35日ごと」返済とはプロミスが月1回の返済に対しアコムは月1回の他に35日ごとに返済できるプランがあり、そちらを選択するのが条件です。借入日から35日以内ならいつでも返済が可能という方式で、35日というと1ヶ月弱の猶予があるので比較的自由に返済スケジュールを立てられるプランです。

 

プロミスはメールアドレス登録だけというハードルはとても低くていいですね。

無利息期間スタート日は大きな違いが!

プロミス:初回出金日から30日間(初回利用日は含まず)
アコム:契約日の翌日から30日間

 

これ、間違いやすい内容です。アコムは契約日の翌日からとなっていますので、契約して借入をしないで30日過ぎてしまうと無効ですしその分期間が短くなってしまいます。

 

その点プロミスは初めてお金を借りた翌日から30日間ですのですぐに借りなくても大丈夫です。

 

アコムの場合は35日毎返済を選択するので初回返済は無利息期間中には来ませんが、プロミスは場合によっては無利息期間中に1回目の返済日になることがあります。

 

その際は残高に応じた返済が必要になるので早めに借りて早めに返せるようにしておきましょう。この時の返済額は「元金」に充てられます。

 

また、どちらも30日期間中に追加借入したとしてもやはり金利はかかりません。しかし期間後に残った金額に金利がかかりますので気をつけましょう。

プロミスとアコムの即日融資を比較

一番の強みはやはり即日融資。銀行カードローンでは真似のできない速度でお金を借りることができます。

 

最近では「即日融資」という文言を減らすカードローン会社も多くなっている中、特にプロミスとアコムは審査速度も最短30分で終わり申込み作業もネットで完結できるので実際にお金を手にする時間も短いのが特徴です。

 

審査時間

融資までの時間

プロミス

最短30分

最短1時間

アコム

最短30分

最短1時間

即日融資での借り方も同じ

やはり申込はネットが主流で特にプロミスは「Webなら即日融資も可」となっており、ネット申込を推進しています。

 

主な流れは

  1. ネットで申し込む
  2. 14時までに審査と手続きを完了させる(平日のみ)
  3. 自分の口座に振り込んでもらう

の手順です。自分の口座に振り込んでもらえるので銀行のキャッシュカードでお金を引き出せるので場所も手間も最小限で済みます。

 

また、プロミスもアコムもこの申込方法の場合は「Web完結」ということでネット上ですべての手続が完了します。

 

しかしこの方法は平日のみという制限があり、申込みはネットなので24時間365日可能ですが振込は銀行の営業時間の兼ね合いがあるので土日の即日融資には対応していないのです。

土日祝に即日融資を受けるには無人契約機を使う

お金が必要になるのって意外と週末だったりすることが多いものです。

 

プロミスとアコムはそれぞれ約1,000台の無人契約機を全国展開しており、しかもほとんどが年中無休(年末年始休みの場合あり)なので土日も関係なく契約することができるのです。

 

契約が済むとカード発行がその場で行われるので、そのカードを使って即日お金を借りることができるようになります。

  1. 無人契約機で契約を行う
  2. その場でカード発行してもらう
  3. 併設ATMでお金を引き出す

併設ATM以外のコンビニATM(提携)でもカードは使えます。

 

ただし、無人契約機と併設ATMの営業時間には注意しましょう。

 

無人契約機

併設ATM

プロミス

9:00〜22:00

7:00〜24:00

アコム

8:00〜22:00

24時間

※一部店舗によって異なるので事前に公式ページで確認をして下さい

 

そして審査受付時間も異なります。
プロミス:9:00〜22:00
アコム:9:00〜21:00
です。

 

アコムの無人契約機「むじんくん」は業界最長の営業時間が特徴で、併設ATMも98%が24時間稼働です。

 

プロミスは審査受付時間がアコムよりも1時間遅くまで受け付けているので、仕事が長引いたりした時には助かりますね。

 

もちろんこちらも審査は最短で30分。申し込みにかかる時間は5分〜10分程度ですので、ATMまで使う時間を考えても早ければ1時間でお金を借りることが可能です。

プロミスとアコムの審査時間を比較

即日融資で触れましたが、審査にかかる時間と審査を受け付ける時間についてのまとめです。

 

審査にかかる時間

審査受付時間

プロミス

最短30分

9:00〜22:00

アコム

最短30分

9:00〜21:00

これはネットでも無人契約機でも変わりません。

プロミスとアコムの限度額を比較

プロミス:500万円まで
アコム:800万円まで
プロミスもアコムも総量規制対象のカードローンなので年収の3分の1までしか借り入れできません。

 

ですから、いくら500万円、800万円といってもその金額を借りるためにはそれぞれ1500万円、2,400万円の年収が必要となるわけであまり現実的な数字とはいえないのではないでしょうか。

 

しかし500万円ほどの融資を受ける人が0かというとそうではないので、参考程度に考えておけば良いでしょう。

 

ちなみにプロミスもアコムも契約後に借入限度額の増額をすることが可能です。(要審査)

プロミスとアコムの簡易診断を比較

プロミスもアコムも3秒診断として借入可能かどうかを公式ページ上で行なえます。

 

プロミスは「お借入シミュレーション」、アコムは「3秒診断」として借入についてのチェックが行なえます。

 

これを「仮審査」と定義しているサイトもありますが、あくまでも「シミュレーション」「診断」なので審査結果には直接的な影響はありません。過度の期待は持たないようにしましょう。

借入額のチェックです

「借入可能かチェックできます」と書いてあったりするので勘違いしやすいですが、簡単に言うと他社借入などから総量規制対象かなどをチェックしているに過ぎません。

 

項目はプロミスもアコムも3つです。

  1. 年齢
  2. 年収
  3. 他社借入額

これらはまず借り入れできる年令に達しているか?他社借入額が年収の3分の1を超えていないか?をチェックしています。

 

ここで確認できるのはそもそも申し込みする条件であるかどうか?です。ですから他社借入額や年齢などの条件に問題がないという方は利用してもしなくても関係なかったります。

 

尚、ここでいう他社借入額とは住宅ローンやマイカーローンは含みません。

プロミスとアコムのスペックを比較

 

プロミス

アコム

金利(実質年率)

4.5%〜17.8%

3.0%〜18.0%

融資時間

最短1時間

最短1時間

審査時間

最短30分

最短30分

限度額

1万円〜500万円

1万円〜800万円

無利息期間

最初の出金翌日から30日間

契約日の翌日から30日間

最低返済額

2,000円(5万円借入の場合)

2,100円(5万円借入の場合)

返済日

5・15・25・末日から選択

35日以内または毎月一回

カードデザイン

プロミスカード
プロミスカード

アコムカード
アコムカード


自分に合った使い勝手で選びましょう

ここまで主要な内容は紹介してきましたが、大きいところでは差がないのも事実です。

 

金利や限度額というのは数十万の借入の場合はほぼ関係ありませんし、無利息期間についても契約後すぐにお金を借りるのが多いと思います。

 

ですから、どちらかというと借入した後にプロミスとアコムでどちらが使いやすいか?返済サイクルは?などを考えた上で利用するのが良いと思います。

プロミスとはどんな会社なのか、利用しても安心?

プロミス

プロミスは誰もが一度はその名前を聞いたことがあるカードローン大手の企業です。

 

カードローンの印象は昔に比べてかなりクリーンなものとなってきていますがやはり何処かしらに使用するのが怖い、使うことでの不安と言うものが付きまとってしまいます。

 

プロミスの場合も消費者金融という業態の中でカードローンサービスを展開しており、消費者金融である以上特有の暗いイメージを持つ人も少なくないでしょう。

 

しかしプロミスの場合テレビなどのCMを見ていると「SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス」という呼び名でCMを行っていますし、プロミスのサイトを見てみると同じようにSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスという名前で表記されています。

 

何故プロミスがSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと呼ばれているのかといえば、これはプロミスがSMBCコンシューマーファイナンスのサービス名となっているためです。

 

そのためプロミスというのは会社名ではなく、SMBCコンシューマーファイナンスが会社名でありSMBCコンシューマーファイナンスが経営を行っているということを前面に押し出すことで旧プロミスの印象を取り除く意味もあると考えられます。

もともとプロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのサービスではなくプロミスという会社がその経営を行っていたカードローンとなっていました

しかし貸金業法の改正などもありそれに伴い三井住友銀行が株式公開買い付けを行い三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となりました。

 

その際に会社名を従来のプロミスからSMBCコンシューマーファイナンスへ改めて再出発をしたという経緯があります。

 

しかしこの段階でプロミスという名前を完全に消してしまうと今まで利用していた利用者も混乱しますし、せっかく知名度の高いカードローンだったためそれを新名称で始めるのも業務を考えた場合に難しいと考え、SMBCのサービス名として残すことになったわけです。

 

SMBCの名前が前につくことで三井住友ファイナンシャルグループの子会社だと一目で分かりますし、それによる利用の安心感も得られるため現在のプロミスの名前には大きな意味があるといえるでしょう。

親会社の三井住友フィナンシャルグループとはどんな会社?プロミス以外の子会社は?

プロミスの親会社となる三井住友ファイナンシャルグループは、金融や銀行、クレジットカードや証券といった銀行等傘下子会社の経営管理を行っている日本を代表する大企業です。

 

三井住友銀行や関西アーバン銀行、SMBC信託銀行といった国内での銀行業務や海外で銀行業務を行う欧州三井住友銀行や三井住友銀行(中国)有限公司といった子会社を抱えています。

 

株式会社セディナや三井住友カード株式会社など利用者の多いクレジットカード会社も三井住友ファイナンシャルグループの子会社ですしSMBCフレンド証券株式会社やSMBC信用保証株式会社、SMBCキャピタルマーケット会社といった投資関連の企業も子会社となっています。

 

お金に関係する企業を子会社としているため包括的な業務管理が可能となっており、そう考えた場合日本社会のお金を動かしているのは三井住友ファイナンシャルグループがその一角を担っているといっても過言ではないでしょう。

 

プロミスもこの子会社の一つであり、三井住友ファイナンシャルグループの子会社は全てをあわせると約20社近くにもなります。親会社が三井住友であるということはプロミスにとって非常に大きな意味がありますし、利用する際の安心感にも影響してきます。

上記から推測出来る安心感とは?

単なる消費者金融ではどうしても安心感に欠けますし、優良企業だといわれても何処かしらに使いづらいものを感じてしまうことになります。

 

しかしプロミスを経営しているのは三井住友フィナンシャルグループが親会社となっていることで非常に大きな安心感を得られますし、銀行などもグループ内に持つSMBCコンシューマーファイナンスのサービスと言うことでさらに安心感がますことにも繋がります。

 

親会社がしっかりとした大企業であり、その傘下にあるSMBCは銀行などの経営も行っているわけですので、利用者側にしてみれば銀行を抱えている企業が行っているサービスがプロミスという印象になってきます。

 

この後ろに見え隠れする銀行の姿や、親会社が三井住友フィナンシャルグループであるという事実が、プロミスを利用する場合の大きな安心感と信頼感を生むことになってくるといえるでしょう。

 

そのため名前にSMBCを冠していることには利用者側にとっては意味があると言えますし、プロミスのサービスに安心感を持たせるという意味も果たしていることになります。やはり会社名や親会社が分かるほうが安心感を得られやすいので、プロミスはそういった意味でも成功しており安心して利用できるカードローンだと言えます。

プロミス公式サイトへ

土日祝日や銀行の営業時間外でも借り入れすることが可能です。全国のプロミスの無人契約機以外にも、三井住友銀行のATMコーナー等にあるローン契約機でもカード発行ができるなど、全国で約2,500の無人契約機が利用可能です。

更新履歴