申し込み時にプロミスから連絡がある?

プロミスに申し込みを行うと、原則的にまず本人まで連絡があります。これは、本当に本人が申し込みをしたのかを確認する為です。現在ではこの本人への電話連絡が増えてきました。

ネットからの申し込みが増えています

プロミスにネットから申し込む

現在のプロミスへの申し込みで一番多いのは、ネットからの申し込みです。その理由は、24時間いつでも都合の良い時に申し込みができるので、一切営業時間を気にする必要がない為です。更に、携帯電話やスマホからでも行えるので、時間や場所を一切選ばずにプロミスへ申し込むことができます。

 

ですが、この申し込み方法では本当に本人からの申し込みかどうかが分からない場合があります。特にパソコンを利用した申し込みの場合はこの心配がある為、申し込みの後に原則的に本人まで電話連絡を行っています。

共用のパソコンからの申し込みはやめておきましょう

職場や公共の施設にある共用のパソコンからの申し込みは行わない方が無難です。職場では基本的には個人専用のパソコンでも、不在時に誰が触るか分かりません。それは、閲覧履歴などからプロミスへ申し込みをしたことが分かってしまう可能性があるからです。

 

公共の施設のパソコンの場合、申し込み時の情報の流出も気になります。ネットを利用した申し込みは、必ず自分のパソコンや携帯電話、スマホから行ってください。

Web完結では連絡はありませんが…

プロミスへのネットからの申し込みは、Web完結と呼ばれるネットだけで契約まで完結できる方法が利用できる場合があります。この方法の場合、本人への連絡も原則的に行われません。その代わりに、写真付きの身分証明書など、確かに本人からの申し込みであるという証拠になる書類が求められます。

 

ですが、職場への在籍確認の連絡まで無くなる訳ではないので、この在籍確認について要望があれば、申し込みの後にすぐにプロミスまで電話を掛けて相談してください。

有人店舗や自動契約機で申し込んだ場合

プロミスには全国に20箇所弱の有人店舗があり、自動契約機は1000台以上設置されています。このどちらから申し込みを行った場合には、本人確認の電話確認は必要がないので行いません。本人がすぐ目の前に居る為です。

 

最近では有人店舗を利用する人はかなり減っており、自動契約機も申し込みの為より、審査に合格した後のキャッシングカードの発行の為に利用されることが多くなっています。

 

後者はネットからの申し込みと併せて利用すると、郵送を待たずにカードが手に入るので大変便利で、申し込み自体はネットから行い、カードは自動契約機から発行するという1つの流れが確立されています。

 

このようなカードの発行までのプロセスを辿る人が増えてきた為、申し込み時の本人への電話連絡も増えてきたのです。

本人が見えない状態での申し込み時に連絡があります

この電話での本人確認があるのは、主にネットからの申し込みの場合です。プロミスへの申し込みは電話でも行うことができますが、この場合には折り返しの電話があります。そして、郵送による申し込みでもそれがプロミスまで届いた時に電話連絡を行っています。

 

これも、本当に本人が出したのかどうかが分からない為です。

 

ネットからの申し込みを始め、本人が見えない状態での申し込みの場合にこの電話連絡があると考えてください。

自宅や職場に連絡をされる可能性は?

プロミスに申し込みを行えるには、満20歳以上の成人に限られています。よって、このプロミスへの申し込みや契約は本人のみの責任において行うもので、このような成人の契約行為について他の人に連絡することは一切ありません。

 

これは家族であっても同様で、例えば夫が契約を行った場合にそれを妻に教えることはなく、もし妻がプロミスに聞いたとしても教えてもらえません。申し込み時にも自宅へ連絡されることはなく、同居の家族にプロミスへの申し込みが分かってしまうことはありません。

職場には在籍確認の連絡がありますが…

プロミスからの連絡

しかし、職場には審査時に連絡があります。

 

これはもちろんプロミスを利用するという連絡ではなく、確かにその職場に在籍をしているという確認の為ですが、この電話が掛かってくるのが困る、またはそのような電話を取り次いでもらえない職場環境の場合もあるでしょう。

そのような時には、申し込みの後にプロミスまで電話連絡では困るという旨の事情を説明してください。プロミスは長年営業を続けている業界第一位の消費者金融です。

当然、こういったケースでの対処方法も用意しています。これは前述のWeb完結の場合でも同様で、電話での在籍確認に対して要望がある場合には、申し込み後にすぐにプロミスまで連絡してください。

本人が申し込みを行う必要があります

プロミスへの申し込みを、他の人が代理で行うことはできません。必ず本人自身が申し込みを行ってください。外国籍の人でも条件次第で利用することができますが、この場合でも通訳の人などが代わりに申し込みを行うことはできません。

 

余談ですが、この外国籍の人が申し込みを行う場合、契約時の説明が理解できる程度の日本語力が最低でも必要となります。

 

本人への電話連絡は、確かに本人が申し込みをしたという確認の為です。プロミスへ代理での申し込みは一切禁止されているので、必ず利用する本人が申し込みを行ってください。